skip to Main Content
Active 19413 1280

独立する前にこれだけはやっておけ!~健康維持の準備編~


独立したら、体が一番の資本です。病気になっても、仕事を替わってくれる人はいません。
でも会社員でなくなると、何年も健康診断なんてやらない人がほとんど。
できるだけ健康を維持すること、そして万一体を壊してもすぐ治療し、仕事に復帰するにはどうすればいいのか、あらかじめ知っておきましょう。

健康診断

会社員では、年に1回の健康診断があるところが多いはず。
フリーランスだと、誰も健康診断の手配はしてくれません。
でも病気やけがで入院するようなことになったら、その間の収入はゼロになってしまいます。

開業当初はひたすら仕事に集中してしまい、体のことは二の次になりがちです。
しかし健康も事業を成功させるための大事な要因です。
フリーランスでも使える健康診断をご紹介します。

地方自治体の健康診断を受診する

手っ取り早いのは住んでいる自治体が実施している各種検診です。
国民健康保険などに入っていれば誰でも使えるので、一番現実的です。

内容や料金は、各地方自治体によって異なります。
たいていは、胃がんや大腸がんなど、一つの項目ずつ受けられます。
料金も無料からワンコインなど、かなり安価です。
自治体によっては、指定の病院で安く総合的な検査が受けられることもあります。

自治体が主催しているので、検診の場所は自治体にある公共施設や医療機関が多く、自宅から近いのも嬉しいですね。
また40歳から74歳までなら「特定健診(通称メタボ健診)」が受けられます。これは国の規定なので、全国どこでも同じ内容の検診が受けられます。

申し込み方法は自治体の広報誌やWebサイトに案内があります。

病院の健康診断を受診する

健康診断に対応している病院があれば、その病院のメニューで健康診断を受けることもできます。
内容や金額は病院によって異なりますが、通常の健康診断であれば1万円から、いわゆる人間ドックなど高度で詳しいメニューであれば5万円以上になることもあります。
保険外診療の扱いになりますので、価格は高めです。

国民健康保険組合の健康診断

個人事業主は、業種によっては「国民健康保険組合」という保険組合に入ることができます。
略して国保組合とも呼ばれ、事業内容によって分かれています。
たとえば、薬剤師国民健康保険組合、建設連合国民健康保険組合などがありますが、今のところはエンジニアの業界向けの国保組合はありません。
仮に今後エンジニア向けの国保組合ができれば、この組合へ加入することで、健診費用の補助を受けられます。
指定された施設で各種特典がつくなど、実現すれば一番お得な方法です。

経費にはならない

会社員なら福利厚生の一環ですが、フリーランスの健康診断は自己負担です。
しかも経費にはなりませんので、注意してください。
自己管理のためのプライベートな支出とみなされるからです。

費用はかかりますが、年に1回は健康診断を受けておきましょう。
いざ病気になって治療が始まると、その数倍からの費用がかかるかもしれません。

従業員がいる場合

将来アシスタントなど従業員を雇用すると、年に一度と健康診断を受けさせることが義務になることもあります。

健康保険

独立するために退社するときに、これまでの社会保険は使えなくなります。
しかし、代わりにフリーランスが使える健康保険が4種類あります。
自分の収入からどれが合うのかを決めて、退社したらすぐに手続きをしましょう。

国民健康保険に加入する

フリーランスで一番多いのは、国民健康保険に加入する場合です。
各自治体管理している国民健康保険に加入します。
手続きは、退職後14日以内に自治体の窓口で行います。「健康保険資格喪失証明書」が必要です。

保険料は、前年度の収入に応じて変動します。計算方法は自治体ごとに異なります。
その年の金額は、6月ごろに納付書が届き、6月~3月に1/10ずつ支払います。
また白色申告者と青色申告者で金額が異なり、青色申告の方が保険料が安くなります。
所得だけでなく、被保険者数(扶養している人数)によっても金額が異なります。

任意継続する

退職後も前の会社で加入していた健康保険を継続する方法もあります。
前の会社で2ヶ月以上社会保険に加入していれば可能です。
退職後20日以内に、協会けんぽか会社の健康保険組合に申請します。

これまでの健康保険を最長2年間継続できますが、会社が保険料の半分を出してくれなくなるので、保険料は今までの倍になります。
保険料は自治体によって計算方法が異なります。保険料は扶養人数に関係ありません。
自分の場合は国民健康保険か任意継続のどちらがお得なのかは、確認してください。

継続と呼ばれていますが、改めて再加入という形になり、番号も変わります。
2年間の間には、国民健康保険に加入したり、健康保険の被扶養者になることはできません。

健康保険の被扶養家族に入る

両親や配偶者が健康保険に加入しており、年収が130万円未満であれば、扶養対象者となることができます。
この場合は保険も扶養者の健康保険に加入でき、保険料はかかりません。
個人事業主でも、年収が130万円未満であれば、家族の扶養に入れます。

健康保険組合に加入する

個人事業主は、業種によっては「国民健康保険組合」という保険組合に入ることができます。略して国保組合とも呼ばれます。
残念ながら、今のところはエンジニアの業界向けの国保組合はありません。
エンジニアに近い職種のWebデザイナーは文芸美術国民健康保険組合に加入できます。
Web関係の仕事をしている場合は、調べてみてください。

健康保険を節約できる?

会社員でなくなると、健康保険の保険料にびっくりする人が多いです。
法人化すると会社が半分負担になるので安くはなりますが、他に手続きや手間がかかります。
法人化は節税効果のためだけにに行うものではありません。いずれ業績が伸びたら考えましょう。

その他の社会保険

会社員は厚生年金ですが、フリーランスになると「国民年金」になります。
健康保険と同時に、退社後14日以内に自治体窓口で手続きします。
こちらも会社が厚生年金の掛け金を半額負担してくれていたので、退社して独立すると倍になります。
ただし年金の掛け金は社会保険料控除の対象となるので、多少の節税にはなります。

また、付加年金や国民年金基金という、国民年金年金にプラスする年金があります。
国が運用していて、年金と同時に受け取れます。両者の併用は出来ません。

民間の私的年金として、確定拠出年金(日本版401k)もあります。
資金を運用しているので、将来の受給額は運用結果により上下する場合があります。
銀行や保険会社、証券会社などが扱っています。

フリーランスは経営者であり従業員ではないので、労災保険はありません。
業務中のケガには気をつけましょう。

従業員がいる場合

従業員を雇った場合には、社会保険に加入する義務が生じます。
保険料も半額支払う義務があるので、しっかり確認して、資金繰りを行いましょう。

民間の保険

健康保険の他に、民間の保険会社が販売している生命保険や医療保険もあります。

生命保険

死亡時の補償も、会社員よりも手厚く用意しておく必要があります。
会社員と違って、遺族厚生年金や退職金はありません。
お葬式、お墓など、死亡時にかかる費用をためておく必要があります。

さらにフリーランスなら、事業資金を借りている場合もあります。
借入額によっては銀行で団体生命保険に入っているかもしれませんが、それがない場合は、生命保険でその分もカバーできるようにしておきましょう。
遺された家族には、遺族基礎年金がありますが、それでは足りないかもしれません。

生命保険ではありませんが、「小規模企業共済」もあります。
貯蓄にもなり、掛け金は全額控除できます。商工会や商工会議所などで加入できます。

就業補償

会社員なら、有給休暇があります。
病気やケガで長期休暇を取っても、労災保険や傷病手当金があります。
しかしフリーランスにはどれもありません。

これまでは貯金することで対応していましたが、最近はクラウドワーカー向けの「就業不能保険」などを提供している保険会社もあります。
保険会社によって条件が異なるので、調べてみてください。
また、事故や病気で休業が必要な個人事業主向けの所得補償保険もあります。
ただし所得補償保険の保険金の給付対象はかなり厳しいので、気軽に利用できない場合もあります。

医療保険

医療保険は用意しておいたほうがいいでしょう。
フリーランスの場合、入院するとお金が入ってこなくなります。その時に必要な現金が早めに手に入るのは安心感があります。
また、病気や怪我の種類にもよりますが、入院するときに個室をとって仕事を持ち込む人もいるでしょう。
その時には差額ベッド代や個室使用料も必要になります。

治療費は国民健康保険で3割負担で済むので、それ以外にかかる費用をカバーできるようにしておきましょう。
また、ガンや三大疾病など、長期に渡る治療が必要な疾病に備えるための特約があるといいでしょう。

支払い

生命保険の掛け金も経費にはなりませんが、ある程度は控除できます。全額ではありません。
年末になると生命保険会社からハガキが来るので、それをもとに計算します。
また法人化すれば、掛け金を経費にすることもできます。

椅子

エンジニアは、1日中椅子に座っていることが多い職業です。
椅子に座っているのは、それ自体が骨盤に負担をかける行為です。
いずれ腰痛や椎間板ヘルニアなどの原因になることも。
椅子にはこだわって、できるだけいいものを使うのが健康のためでもあります。

ただし、いい椅子は5万円から20万円以上するものもあるという高価なもの。
実際に椅子に座って試してから選びましょう。

できるだけ背骨が「S」字をキープできて、座ると腰が少しだけ後ろに反った姿勢になる椅子がいいでしょう。
腰への負担が少なくなります。
また、その状態を維持するためには、背もたれがあるものがいいでしょう。
長時間座るのなら、背もたれが高いものが体への負担が少なく楽です。

できるだけ猫背にならないように気をつけましょう。腰や背中だけでなく、首にも大きな負担をかけます。
ずっと座っているので、座面は通気性があってへたりにくい素材が向いています。

2脚目にバランスチェアなどを用意しておいて、ときどき椅子を変えてもいいですね。
また、気分転換に立って作業しても、集中力が増すそうです。
ずっと座りっぱなしでは体全体に良い影響がありませんので、時々姿勢を変えて変化をつけるといいですよ。

さいごに

年齢が上がると、若いときのような無理はできません。
体が動かなくなったらどうするか、普段から備えを考えておきましょう。
何かあった時にはどういう手段があるのか、知っておくだけでも違います。
また、リスクを減らすためにも、健康診断はしっかり受けましょう。