フリーランスのためのSNS活用法

social-1035053_1280

はじめに

SNSの利用者数は年々増加しています。それだけでなく、SNSの種類もどんどん増えてきました。
いくつものSNSを使い分けていたり、1つのSNSでも書き込む内容でアカウントを変える人もたくさんいます。
友人との連絡や趣味の交流だけでなく、SNSは仕事にも大いに利用できます。

仕事に活かすと言えばエンジニア専用のSNSもいくつもありますが、ここでは一般的なSNSに絞ります。
エンジニア専用SNSは、仕事関係者とのつながりから使いはじめることが多いですし、たいていのエンジニアは一般的なSNSのアカウントを持っているからです。

SNSを何に使う?

SNSの使い方もいろいろあります。
情報収集、スキルアップ、他のエンジニアとの交流、海外のエンジニアとの交流、モチベーションアップ、趣味など。
エンジニアとしては、情報収集や他のエンジニアとの交流という部分が大きいですね。
またフリーランスとして独立していれば、モチベーションアップという効果も外せません。

SNSを情報収集に使う

SNSは、いろいろな情報が流れてきます。
新しいサービスや新製品情報、ニュースサイトの更新情報など、最近はSNSで告知するのが当たり前になりました。
メイン顧客のニュースも見ておくと、仕事をする上で便利です。
そういう情報が素早く、自動的に入ってくるのがSNSの大きなメリットです。

スキルアップ

SNSには、ワークショップやイベント、会合の情報もたくさん流れてきます。
集まりの幹事が専用のアカウントを取って連絡に使ったりすることが多いですね。

フリーランスになると、会社員の頃よりもスキルアップの機会が減ってしまうもの。
仕事は手持ちのスキルだけでも充分かもしれませんが、常にスキルアップしようとする意識は必要です。

スキルアップだけでなく、同業者とのネットワークを作るためにも、興味のあるイベントがあれば、積極的に参加してみましょう。
普段は自宅で仕事をしている人は、外に出るだけで気分転換にもなりますよ。

他のエンジニアとの交流

自分の仕事についてときどき書き込むことで、営業活動の1つになります。
守秘義務に触れる部分は書いてはいけませんが、業種や言語など、だいたいの分野を書くことはできます。
そのうち他のエンジニアとのやりとりがあったりして、自然に知り合いが増えていきます。

また、IT系のイベントでは、発表のとき、名前と一緒にSNSのアカウントをつけることがよくあります。
これも自分を知ってもらう方法であり、営業活動の1つと言えます。

海外のエンジニアと交流できる

国内のエンジニアの場合と同じですが、海外で同じような仕事をしている人と知り合うこともあります。
そこから海外で仕事をするようになったり、海外から仕事の依頼が来るようになったエンジニアやデザイナーもたくさんいます。
エンジニアの仕事は基本的に英語ベースですし、SNSの書き込みは短文が多いので、なんとかなりますよ。

他人のビジネスを見ることができる

SNSを見ていると、同業者が同じように書き込んでいるのもよく見ます。
実際に会ったことはなくても、同じように仕事を頑張っている同業者を見ると自分も頑張ろう、という気になりますよ。

また、新しいアイデアがあったらちょっと書き込みをしてみましょう。
他の人からのリプライで考えが整理されたり、アイデアが揉まれたりして、ぐっと完成度が上がります。

どのSNSを使う?

エンジニア専用のSNSなら突っ込んだ話もできますが、一般的なSNSの方がやはり人が多いです。
人が多い場所の方が、話の合う人も多いので、自然にTwitterやFacebookがメインになります。
最近流行のSnapchatやInstagramは、エンジニアにとっては完全に趣味のSNSですね。
Webデザイナーなら、Instagramは活用できるかもしれません。

Twitter

とにかくいろいろな話題が出てきます。
朝でも夜でも人がいるので、ちょっとした気分転換と言いながら入り浸っている人も多いですね。
知らない人とも気軽にやり取りできるという点では一番です。

Facebook

なぜか日本では日記のように使われていますが、海外ではニュースを流したり、自分の仕事について書くことが多いです。
海外で仕事をしてみたいエンジニアは、Facebookを活用すればチャンスがあるかも。
長文を書いたり、スクリーンショットを貼れるのも便利ですね。

Linkedin

主にキャリアアップや転職活動がしたい人向けのお仕事SNSです。
お仕事の話をたくさん書き込むと、仕事につながることも。日本ではあまり盛んではないようです。

Google+

Googleがやっている割には人が少なめのSNSで、独特の雰囲気です。
技術的なグループは多いです。Googleアカウントがそのままアカウントになるので、すぐに使えます。

SNSには、何をどう書き込む?

SNSを趣味で楽しむだけでなく、仕事にも使いたいなら、どういうキャラクターで書き込むかを考えましょう。

アカウントは匿名にする?実名にする?

仕事が主目的なら実名アカウント、もしくは実名に近いニックネームのアカウントをおすすめします。
仕事上の付き合いの人に覚えてもらいやすいからです。
ただし、昔からネットで活動していて定着したニックネームがある場合、それも技術的な書き込みをたくさんしている場合は、そのニックネームをそのまま使ってもいいでしょう。過去の書き込みが資産になります。

アカウントの肩書はどう書く?

屋号のある方は、(屋号)CEO、(屋号)取締役など、屋号を入れている場合が多いですね。
その場合はもちろん実名アカウントになります。
屋号がなければ、フリーランスエンジニア、と書いてあることが多いです。

アカウントは1つでいい?

実名アカウントなら、1つで仕事と日常の話ができます。
営業用なので、もちろん公開アカウントです。

ただし、ガッツリ趣味の話がしたいなら、副アカウントの作成をおすすめします。
趣味のことで長いやり取りをしていると、仕事の話をしている相手が横から見た時にあなたのイメージが変わることも。
もちろん、仕事の相手に見られても全然OK!という場合はそれでもかまいません。

趣味がたくさんあっても、あまりたくさんのアカウントを作ると、そのうち自分が混乱するので注意してください。

ツイートの内容は?

もちろん仕事についても書き込みますが、仕事の書き込みだけにする必要はありません。
ときどき日常の話題が混じるのが自然です。日常の話題が出ると親近感もわきます。
これは計算してやっているというより、1つのアカウントでいろいろ書き込んでいる人が多いからでしょう。

仕事用のアカウントでは、攻撃的な書き込みは控えましょう。ネットで書いたものは、長い間残ります。
ネット上では、誰がどこでつながっているかわかりません。

ただし常識的な範囲での発言をしていれば、それほど心配する必要はありません。
炎上を恐れるあまり「今日のランチ」ばかりになってもつまらないです。

注意すること

書き込んでいいことだけを書き込みましょう。
機密保持契約に触れるものを書き込まないのは当然ですが、画像やスクリーンショットに妙なものが映らないか注意しましょう。
特に、メニューバーやタブなどは一度設定したら忘れがちです。画像の位置情報も、消してからアップしましょう。

発言は全世界に公開されます。
仕事の話をもっと突っ込んでしたいなら、タイミングを見て、よりクローズドな場所へ移動しましょう。

SNSは楽しいですし、仕事にも大いに役に立ちます。
ついパソコンにクライアントアプリを入れて常駐させがちですが、その分仕事が進まなくなります。
節度を持って利用してください。

成瀬京子

成瀬京子ライター

投稿者プロフィール

モバイル機器が好きでいろいろいじり回してますが、外出はキライです。
空いた時間があれば、ずっとブログを書いたりWebを見たりしています。
根っからのWindows&Android派ですが、最近は専用端末が増えて困ってます。三半規管が弱いので、Googleストリートビューや3Dゲームで酔うのが弱点です。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

Follow me on

Facebookの投稿

弊社を手伝ってくれている Yuya Sato に、
オフィス制作時の360度タイムラプス撮影したものを編集してアップしてもらいました!

何にもないところからオフィスができていくのが面白いです!!!
www.youtube.com/watch?v=YFRvF_qot3o
... See MoreSee Less

View on Facebook

2016年7月、オフィス移転しまして、オフィスを手作りしました! ... See MoreSee Less

View on Facebook

Luxyでは毎月1回、Luxyメンバーで大江戸温泉ミーティンをすることになりました!
今回は第一回目のミーティング。

みんなでお風呂入って、飲んで笑って…たまにミーティングして(笑)
とても良い時間を過ごせました!
... See MoreSee Less

View on Facebook
ページ上部へ戻る