独立する前にこれだけはやっておけ!~嫁ブロック、回避せよ編~

holding-hands-918990_1280

ここ数年最近は「嫁ブロック」という言葉がポピュラーになってきました。
主に、転職や独立を奥様に相談したら反対されて断念するというような意味で使われています。
最初は反対する奥様が多いようで、それは想定の範囲内ですが、それでも独立したいというときはどういう風に説得しますか?

独立するということは

会社員からフリーランスになるということは、毎日の出勤と安定した収入がなくなるということ。
それは独立する本人だけでなく、家族にも大きな影響を与えます。
やはり最初は「ちょっと待って」と言ってしまう奥さまもいるはずです。
独身なら独立も転職も自分一人の問題ですが、既婚なら独立起業は夫婦間の問題です。

奥様の気持ち

どこの奥様も「まず反対」なんでしょうか?
実は奥様の反応は、家庭によってバラバラ。
賃貸か持ち家か、家のローンが残っているのか、子供がいるか、その年齢はなど、家庭の条件はそれぞれ違ってくるからです。
実際は「本気で言われてみるまでわからない」というところではないでしょうか。

賛成の奥様の気持ち

数は少ないですが「全然OK、むしろどんどん行け!」という奥様もいらっしゃいます。
どういう理由なんでしょうか?

  • 自分も働いているから、何かあっても支えられる
  • 今の会社は忙しすぎるから、家族との時間が足りない。もっと一緒にいたい
  • 今の会社は激務なので、体を壊しそうで心配。できれば辞めてほしい
  • 人生は冒険のようなものだ。多分なんとかなる
  • もう子供が大きい、または教育費は確保してあるから
  • 借金さえしなければいい

基本は「最低限の安全性が確保されていれば独立もOK」ということでしょうか。

反対の奥様の気持ち

でも多くの奥様方は、話を聞いたときに「とりあえず反対」してしまいます。
それはどういう理由なんでしょうか?

  • ささやかでも安定した生活がほしい。ハイリスクはイヤ
  • 年齢的にきつそう。せめて40歳までならチャレンジしてもいいかも
  • 逆に働きすぎて体を壊してしまいそうで心配
  • 夫または自分はあまりメンタル的に強くないので、逆にストレスになるのでは?
  • 自営業は休みが少ないし、家族も巻き込まれるからイヤ
  • 実家も自営業だったので、会社員の夫がいい
  • 資金の準備がないから。借金はしたくない。自己破産は論外
  • 子供が小さいから、経済的に心配。とにかく教育費は確保したい
  • 失敗したらどうなってしまうのか。取り返しのつかないことになるのでは?

やはり安定を取りたいという意見が大きいですね。とくに子供がいると心配になるようです。

すでにフリーランスの妻の意見

すでに独立した先輩の奥様の意見は、話をするときの参考になるかもしれません。

どうして賛成したの?

  • 普段の様子から、いつかは独立するだろうなと思っていた
  • 結婚前から相談されていたので、覚悟ができていた
  • あらかじめ計画を立てて着実に準備をしていたのを横で見ていたから少しは安心だった
  • 借金をしないように準備資金を充分に貯めてあったので、不安は少なかった

実際に独立してみての感想は?

独立してからは、生活はどう変わりましたか?

実際、経済的には不安定です。入金は仕事の完了より後なので、お金があるときとないときの波ができて、やりくりは大変です。でも通勤が無くなって、時間的には楽になりました。
子供と一緒にご飯を食べられるようになったし、レジャーは空いている平日にでかけられるので、家族サービスが充実しました。でも土日は必ず休みというわけではないので、計画が難しいです。

前の会社よりは仕事が楽しそうなので、良かったです。
スケジュールはどうしても仕事が優先なので、こちらの計画とバッティングしたりして、子供が可哀想になることもあります。しっかりスケジュールを伝えて、すり合わせしてほしいです。

家庭で仕事をしていると、仕事とそれ以外の時間の切り替えは本人も家族も難しいです。
仕事に集中していると呼んでも部屋から出てこないし、電話や子供の遊ぶ声にも気をつかいます。子供はお友達も呼びにくいので、ちょっと可哀想です。

基本的に家にいるので、園や学校から緊急連絡があったときにも安心です。

夫の仕事は手伝う?

手伝わない奥様の中には、自分の仕事があるので手伝わないという人もたくさんいます。
奥様が会社員などの場合は、経済的な面で安定するので、仕事をしていること自体が手伝いのようなものです。
独立してすぐは、少しでも奥様の収入があることが一番の手伝いかもしれません。

子供が小さいうちは、育児という大仕事があります。自宅で仕事をするお父さんの邪魔をしないようにさせるのも大変です。
専業主婦の場合は、仕事に疲れた夫がほっと安心できて、疲れが取れるような家庭を守ることが自分の仕事なので、業務にはかかわりませんという人も。

手伝う場合は、やはり帳簿付けという奥様が多いようです。
ただしお金の管理や帳簿付けを奥様がやってしまうと、本人がお金の流れを把握できなくなり、経営者の自覚が持てなくなるのでやめた方がいいでしょう。手伝っても、お金の管理ややりくりは、本人とよく話し合って進めるのが重要です。
帳簿付けくらいなら、最初は件数も少ないので、軌道に乗るまではパートと兼業することもできます。

独立の希望をどう話す?

絶対NGなのは「ずっと心に秘めていたけど、ある日突然決意表明」です。
そのあとで「もう決めた」「辞表出した」と押し切るのでは、離婚もあり得ます。
とにかく突然と強引はダメ。
会社と同じで、準備期間を経て、根回しをして、丁寧に準備をして、結果を見せる。
そのうえでの提案でなくては、奥様の賛成も信頼も得られません。

納得させるために

辞めたいのか、独立したいのかをはっきりしましょう。
辞めたいだけなのが理由なら、反対されるか、独立ではなく転職をすすめられるかもしれません。
転職ではなく独立したいのだと主張するためには、しっかりした事業計画、実力、やる気のすべてが必要です。
奥様に信用されないような計画では、顧客からも信用されません。
まずは奥様を最初の顧客に見立てて、事業計画を発表してみましょう。

奥様が一番気になるのは「収入は?」「失敗したらどうなるのか」です。
あまり考えたくはありませんが、その問題に答えられないと、奥様は賛成できないのでは?
一度で答えられなくても、奥様と一緒に考えて、ある程度の答えを出しておきましょう。
例えば独立するときに期限をつけて、3年で今の年収に達しなければ再就職する、などと決めておけば、奥様も3年の間は黙って見ていてくれるかもしれません。

奥様の本音としては「成功するならいくらでも賛成する」でしょうが、確実に成功する保証はどこにもありません。
そこで、どれだけ確実で堅実な計画を立てて見せられるか、そしてそれを実現する実力があるかが大事です。

子育て世代なら、金銭的な不安を解消しておくのも大事なこと。
ある程度の蓄えがある、教育費や住宅ローンの当てがある奥様は賛成してくれることが多いようです。
バリバリ働いている奥様でも、妊娠・出産中は働けません。
兼業の奥様でも、奥様の収入があることが前提の計画では破たんするかも。
だからこそ奥様は独立に反対してしまうのでしょう。

実績を作る

今の会社の規定にもよりますが、エンジニアならいきなり独立するのではなく、副業で始めるという手もあります。
ネットで副業を始めて実績を出せれば、奥様も前向きに話を聞いてくれるはず。
副業で実績が出せなければ独立しても成功は望めませんよ。

大切なことは「説得」はしないことです。

とにかく一方通行の「宣言」ではなく、奥様としっかりコミュニケーションして、理解してもらうことです。
そして本気であることを行動で見せる。
奥様の理解と協力が無ければ、独立しても失敗する可能性が高いでしょう。

転職が先か、結婚が先か

まだ結婚していないから関係ない、という場合はどうしたら?
結婚後に独立して「だまされた」と言われるよりは、先に独立した方がいいでしょう。
ある程度事業の基盤を作ってからの結婚であれば、苦情を言われることも少ないはず。

事業が軌道に乗るまでは精神的に不安なことも多いもの。
新婚でもそんな状態ばかり見せられては、結婚生活のスタートも台無しです。
できれば少し余裕をもてるようになってから結婚することをお勧めします。

女性が独立しようとするとき、夫は?

反対にエンジニアの女性が独立しようとするときも、夫の反応は家庭により様々でしょう。
夫が会社員なら気にせず独立できるでしょうし、同業のエンジニアなら、一緒に独立するかもしれません。

女性が独立する場合は、家にいて働けるので、男性陣の反対はむしろ少ないのです。
経済的な理由での反対も、男性の場合よりは少ないはずです。

反対されるとすれば、出産のタイミングとの兼ね合いでしょう。
独立すれば、しばらくは仕事を最重要視しなくてはいけません。
数年は出産が延期になってもいいのか、その場合年齢的に大丈夫なのか、そこはよく話し合う必要があります。

まとめ

奥様は独立の敵ではありません。協力者です。
独立を夫婦共通の目標にできるように、真剣に話しあいましょう。
逆に夫婦の仲がよくなるかもしれません。

成瀬京子

成瀬京子ライター

投稿者プロフィール

モバイル機器が好きでいろいろいじり回してますが、外出はキライです。
空いた時間があれば、ずっとブログを書いたりWebを見たりしています。
根っからのWindows&Android派ですが、最近は専用端末が増えて困ってます。三半規管が弱いので、Googleストリートビューや3Dゲームで酔うのが弱点です。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

Follow me on

Facebookの投稿

弊社を手伝ってくれている Yuya Sato に、
オフィス制作時の360度タイムラプス撮影したものを編集してアップしてもらいました!

何にもないところからオフィスができていくのが面白いです!!!
www.youtube.com/watch?v=YFRvF_qot3o
... See MoreSee Less

View on Facebook

2016年7月、オフィス移転しまして、オフィスを手作りしました! ... See MoreSee Less

View on Facebook

Luxyでは毎月1回、Luxyメンバーで大江戸温泉ミーティンをすることになりました!
今回は第一回目のミーティング。

みんなでお風呂入って、飲んで笑って…たまにミーティングして(笑)
とても良い時間を過ごせました!
... See MoreSee Less

View on Facebook
ページ上部へ戻る