旅行するなら絶対ゲストハウスに泊まった方がいい4つの理由

古民家

みなさん、こんにちは!
東京で営業マンをしております本橋です。

みなさんはゲストハウスをご存知ですか?

ひと昔前は日本一周中のバックパッカーの方や
お金のない学生が宿泊するところというイメージでした。
が、しかーし!

いまはなんと若い女子大生や爽やかな好青年が
こぞって旅のときに使用する場所へと進化しています!!!

ゲストハウスって最近よく聞くけど、ぶっちゃけどうなの?
と不安になられているあなた!

そんなあなたになぜゲストハウスがおすすめなのか、
その理由をあげてみましょう!

理由1:ゲストハウスには出逢いがある!!

ゲストハウスには、いままで自分の人生で出会わなかった方との出逢いがあります。
例えば、日本一周中のバイク乗り、野宿マスター、歌舞伎町元ナンバーワンホストなどなど。

宿のリビングでは、よく宿泊客達が卓を囲みお酒を飲み交わします。
そこで様々な考えに出逢い、あなたの器も知らぬ間に大きくなってしまうかもしれません。

時には、男女のラブロマンスが生まれるなんてことも・・・!?

以前宿泊したゲストハウスのオーナー夫妻は、
ゲストハウスで出会い、結婚をして、ついに自分たちのゲストハウスをオープンした!
というから驚きです!

これは僕の超個人的な感想ですが、ゲストハウスに宿泊している女の子は、
明るくて性格の良い子が多い気がします。

理由2:宿泊料金が激安!!

ひとりでビジネスホテルに泊まると、だいたい7000円前後かかりますよね。
それがゲストハウスだと素泊まりで2000円前後!!

この差は大きくないですか?
5000円浮いたら、めちゃくちゃ豪華なディナーが食べられます!

最近のゲストハウスは、安くても、綺麗で清潔な所が多いので、ご安心ください。
その代わり、1つの部屋に数人で寝ることになりますが
修学旅行の夜みたいで、楽しいですよ!

理由3:英語が上達する!?

「またまたぁ〜そんな調子のいいこといって〜」
とお思いのそこのあなた!
ゲストハウスには外国の皆様もよくお泊りになってらっしゃいます。
特に、都内や、外国人に人気の観光地のゲストハウスに多いです。

異国の文化の話は面白いですし、
(運が良ければ)モデル級の美男美女もいたりします。

これは話かけないわけにはいけません!
時には、仲良くなり、翌日一緒に観光することも!
僕は、大学生時代に一人旅で行った広島で、
髭のアメリカ人青年と1日を共に過ごしました。

頑張って話そうとするうちに、英語での意思疎通に慣れていきます。

後々、連絡を取り合うになれば、ますます英語を使う機会が増えますね!
いま話題のスピー○ラーニングに負けないかも?!

理由4:生の地元情報!!

旅行をするときには、ガイドブックを購入される方が多いと思います。
ですが、掲載されている情報というのは、ありきたりな観光スポットばかり…。

そんな「ありきたりな旅行」から、ゲストハウスで決別しましょう!

ゲストハウスのスタッフさんは、
実際にそこの土地で暮らし地域に根付いています。

穴場スポットや地元ならではのグルメスポットも知っています!
ぜひスタッフさんに色々と聞いて、
旅行を一味も二味も違うものにしてみてください。


いかがでしたか?

まだゲストハウス未経験の方は、ちょっとハードルが高く感じるかもしれません。
ですが、一度利用してみれば、きっとゲストハウスワールドの虜になるはず!

普通の旅行では味わえない
「人との触れ合いがある、暖かい旅」をぜひ、体験してみてください!

 

本橋 剛

本橋 剛経営企画・営業・ムードメイキング担当。

投稿者プロフィール

Luxy創業メンバー。
旅と食と人が好き。
ネギ納豆ご飯のない世界では生きていけない茨城県民。

この著者の最新の記事

関連記事

Follow me on

Facebookの投稿

弊社を手伝ってくれている Yuya Sato に、
オフィス制作時の360度タイムラプス撮影したものを編集してアップしてもらいました!

何にもないところからオフィスができていくのが面白いです!!!
www.youtube.com/watch?v=YFRvF_qot3o
... See MoreSee Less

View on Facebook

2016年7月、オフィス移転しまして、オフィスを手作りしました! ... See MoreSee Less

View on Facebook

Luxyでは毎月1回、Luxyメンバーで大江戸温泉ミーティンをすることになりました!
今回は第一回目のミーティング。

みんなでお風呂入って、飲んで笑って…たまにミーティングして(笑)
とても良い時間を過ごせました!
... See MoreSee Less

View on Facebook
ページ上部へ戻る