skip to Main Content
RailsをHerukuへデプロイ

RailsのプロジェクトをHerokuへデプロイする手順


Railsで作成したプロジェクトをHerokuにデプロイしてアプリケーションを実行できるようにする方法についてまとめました。Herokuのアカウントを作るところから、順に解説していきますね。

Herokuとは?

Heroku

Cloud Application Platform | Heroku

Herokuとは、Railsなどのアプリケーションを動かすためのPaaSのこと。Rails以外にも、JavaやPHP、Pythonなどさまざまな言語に対応しています。もともとはRailsを対象にして作られているサービスなので、Railsとの親和性はバツグン。Railsを使っているのなら、ぜひ活用していきたいサービスの一つです。

RailsプロジェクトをHerokuにデプロイする手順

さて、早速ですがRailsプロジェクトをHerokuにデプロイする手順を見ていきましょう。いくつかのポイントはあるのですが、デプロイするだけであれば特に難しいところはないかと思います。

Herokuアカウントを作成する

下記のリンクから、Herokuのアカウントを作成しておきます。

Heroku | Sign up

Heroku | Sign up

「Pick your primary development language」のところは、「Ruby」を選択します。必要事項を入力して、画面下の「Create Free Account」をクリック。

入力したアドレスに、確認メールが届くかと思います。本文のリンクをクリックして、パスワード設定画面に移動します。

Heroku | Welcome

任意のパスワードを入力して、「Set password and log in」ボタンを選択。下記の画面が表示されたら、Herokuアカウントの作成が完了です。

Herokuのアカウント作成が完了

「Click here to proceed as」の部分をクリックすると、Herokuのダッシュボードに移動します。

Herokuのダッシュボード

Railsプロジェクトを作成する

Herokuにデプロイするプロジェクトを作成します。ここでは試しに、heroku_testというアプリケーションを作成して進めていきましょう。任意のディレクトリに移動して、下記のコードを実行します。


$ rails new heroku_test

設定などgemの変更をした場合は、bundleを走らせておきましょう。


$ bundle update
$ bundle install

Gitでコミットします。


$ git init
$ git add .
$ git commit -a -m "Initial commit"

Herokuにログインする

下記のコマンドを打って、Herokuにログインします。


$ heroku login
Enter your Heroku credentials.
Email:

メールアドレスを入力して、Enter。


Password (typing will be hidden):

上で設定したパスワードを入力して、Enter。これでHerokuへのログインが完了です。

Herokuへデプロイする

それではHerokuへRailsプロジェクトをデプロイします!上で作成したプロジェクトのフォルダに移動して、下記のコマンドを実行。Herokuにデプロイ用のプロジェクトを作成します。


$ heroku create

Herokuへプロジェクトをプッシュして、完了です。


git push heroku master

下記のコマンドを実行すると、デプロイしたアプリケーションがひらくかと思います。お疲れさまでした。


$ heroku open

あとがき

Herokuへのデプロイ方法をご紹介しました。実際にHerokuを使っていく場合は、データベースの変更やルーティングなどいくつかやるべきことがありますが、今回はココまで。