skip to Main Content
業界未経験者がITエンジニアになるために大事なこと

業界未経験者がIT業界に入るには”自分の”ポートフォリオを持つべし!


こんにちは!Luxy佐藤です。

多くの人がエンジニアを目指し勉強している人が多くなってきています。プログラミングスクールが流行って、ここ最近はその卒業生たちの採用活動が活発化してきている印象です。

そしてそれはLuxyにも影響があり、未経験の方からの採用の応募が非常に多くなってきました。
ただその中で思うことがあるのでぜひお伝えさせて頂ければと書かせてもらいます。

未経験者がITエンジニアとして就職する際にやるべきこと

金銭的・時間的なリスクを取ってプログラミングスクールに通ったということは本当に素晴らしいことですし、その決意と行動は尊敬に値します。

しかし厳しいことを言いますが、採用担当からすると「プログラミングスクールに通ってました!」というのはほとんどアドバンテージになりません。

“プログラミングスクールに通っていた人”と”自分で勉強していた人”は採用する側からすると何ら変わらないというのが実情です。

それはLuxyがSES事業を主にしているからというわけではなく、自社サービスをやっていようとそれは同じ。

 

採用担当は多くの人から採用者を選ぶ必要があるんです。

未経験の人をしっかりフォローして育てていこうという覚悟を持っている会社であればある程、会社の金銭的・リソース的リスクは大きくなるため未経験者を採用する際にはより慎重になります。

そのため、採用する方も他の大勢と比べて少しでも頭抜けた人を選ぶことは言わずもがなでしょう。

 

他の大勢の人と何で差をつけるか。

それは自分でイチからサービスを作りポートフォリオとして見せることです。

エンジニアであればポートフォリオが大事という情報は多くある一方で、”自分の”ポートフォリオを作っている方はほんの一握りなんです

“自分の”ポートフォリオを作ろう

“自分の”ポートフォリオを持っている人はどのくらいいるでしょうか?
そもそもポートフォリオを持っていない方も多いと思います。

“自分の”ポートフォリオというのはプログラミングスクールの課題で作ったようなものではありません。

「こういうモノを作りたい」「こういうモノがあればオモシロいな」

そいうことを自分で考えて形にしたものが”自分の”ポートフォリオです。
そういったものを作った人に対して採用する方は、自分で考える力や自力で調べる能力があることに対して将来への可能性を非常に感じます。

むしろ「このポートフォリオを一緒にブラッシュアップして世界を変えていこう!」と言ってもらえるかもしれません。

そのためには現職で働きながら時間を見つけて作る必要があるし時間も労力も掛かります。

「めっちゃ大変…」と思うのは普通のことです。そして周りの人もやっていないからと言って何もしないのは普通です。

…そう、普通です。

 

普通のことをしていても、普通のままなんです。
今までの自分を手放して非合理に行動すれば非凡な成果を得られるんです。

それは未経験者がITエンジニアを目指す時も一緒ですね。

「何でそんなことやっているの?」「そんなことしなくてもいいじゃん」そんな言葉に惑わされることがあるかと思います。

でも非凡な成果を持って生きるために、相手が言ってくれている意図をしっかり汲んだ上で自分で考え、進むべき道を真っ直ぐ進んでいきましょう。

ITエンジニアになるために必要なことはポートフォリオが全てではありませんが、自分に違いを生み出して非凡に生きるための第一歩としてぜひ”自分の”ポートフォリオを作ってみて下さい。

これを読んでくれたみんなが最幸のエンジニアライフを手に入れられるよう、僕らは日々、応援しています。


★LuxyではITエンジニアの募集をしています★