skip to Main Content
スクリーンショット 2019 02 22 12.49.28

経験ゼロから本格的なHPを作ってみる!その2


みなさんこんにちは!LuxyのCMOはかたんです。

今回は前回の続きで経験ゼロから本格的なHPを作ってみようと思います!

前回はWordpressのインストールまで完了しました。

そして今回はここからプロが作ったようなデザイン、そしてお問い合わせまで繋がるTOPページの”導線”を作っていこうと思います!

↓前回の記事はこちらから

デザインをガラッと変える

ということでデザインなのですが、Wordpressをインストールした初期状態だと正直しょぼいです。

(;´д`)・・・

そこでまず、Wordpressの管理画面の「外観」から「テーマ」を選びましょう。

その画面で下の方に新しいテーマを追加するとあるのでクリック。

すると、たくさんのオシャンティーなホームページのデザインが出てきます。

実はこのテーマを入れ替えるだけで誰でも簡単にオシャンティーなページが作成可能なのです!

テーマを選択してインストール>有効化をすればあなたのページはすでに見た目がガラッと変わっています。

あとは写真と文章を差し替えるだけ。

ただし!

ほとんどのものが海外製で使い方が全部英語であったり、SEO(検索順位の最適化)が弱かったり、有料版でないと綺麗なページが出来上がらなかったり・・・

なので、今回は日本製のオススメ有料・無料テーマをお伝えしようと思います。

そもそもなぜ日本製がいいのか?

まず圧倒的に操作のしやすさが違います。分かりやすい上に公式サイトで丁寧な説明もあります。

海外製だと説明が読めなかったり、どこの誰が作ったかも分からないようなテーマもあるためHP自体が出来上がらない可能性もあります。

そして日本のGoogleの検索に最適化できているものが多いこと。つまり日本内でのGoogleのSEO対策がきちんとできているものがあるってわけですね。

ではその中でもオススメの無料テーマから紹介していきます。

テーマの検索は追加画面の右上の検索窓から探せます!

オススメの無料テーマ

まずはこちら。「Lightning」

ライトニングを使うメリットは大きく3つ!

メリット1:すごく作りやすい&使いやすい

Linghtningは日本語での説明サイトや、作り方サイトがたくさん載っています。

どんなPCでも綺麗に見えるような配置になっており、フォントや色使いも優しい感じになっているので様々なジャンルでも違和感のないHPが出来上がるでしょう。

メリット2:スマホ表示が綺麗

ヘッダー画像がPC用とスマホ用で切り替えることが可能なので、スマホでもサイトが綺麗に見えます。

さらにレスポンシブデザイン(表示画面の大小によって文字や画像が自動整列する)のため、スマホでも文章や画像が非常に見やすいです。

今のHPは80%がスマホからのアクセスと言われています。その中でスマホ対応していないHPはそれだけでお客さんを取り逃がす可能性もあるのです。

なのでこの機能は必須ですね!Lightning意外の無料テーマだとこの辺が充実していない場合もあります。

メリット3:拡張性がある

どういうことかというと、Lightningテーマ内でさらに雰囲気をガラッと変更することが可能です。

その先が有料にはなってしまうのですが、フォントの変更であったりデザインのレイアウトをさらに細かく好みに合わせて調節が可能です。

こちらは公式サイトから確認が可能です。

また、お問い合わせボタンを設置したり、店舗情報を追加したり、LP風に作ったり・・・と、かなり幅を効かせたカスタマイズが可能です。

ぼくのもう1つの会社の方のお客さんでLightningで作成したHPがあるので、そちらもご参考にいただければと思います。

https://triangle-tis-school.com/

まだ制作途中ではありますがここまで作れちゃいます!

では最後に有料テーマについてお話しします。

オススメの有料テーマ

様々な有料テーマがありますが、僕の中で一番好きなのはdigipress。

https://digipress.info/

有料テーマはデザインの拡張性の高さ、SEO対策がしっかりできる、AMPを利用した高速表示など様々な恩恵が受けられます。

このdigipressには様々な有料テーマを取り扱っていますが一例のサンプルサイトがこんな感じです。

https://skin.dptheme.net/luminous2/

見ていただくとわかりますがオシャンティーの極みですよね・・・。

ただし、恩恵だけでなく有料版はデメリットもあります。

デメリットとしては・・・

デメリット1:値段がかなり高い

テーマを1つ購入するだけでも5000〜10000円、高いものだと30000円〜500000円するものもあります。

先ほど紹介したサンプルサイトのテーマも1つ8640円します。

デメリット2:専門知識が必要な部分がある

HPを構成するhtml,cssのスキルまでは必要ないにしても、Wordpress内の構造を理解しておくことや、そのテーマ専用のショートコードというものが必要になってきます。

ここを使いこなすことができなければ先ほどのサンプルサイトのような綺麗なサイトは出来上がりませんのでご注意。

デメリット3:ビジュアルを重視しているためジャンルが絞られる

これもどういうことかというと、見た目を重視した作りをしているものが多いため、ランディングページ風にお問い合わせまで繋げたい!とかブログではなく本格的なHPを作りたい!と思って作っても、なかなか思ったようなものが出来上がりません。

そのため、テーマのサンプルをしっかりと確認してから購入して作り始めましょう。

まとめ

さて、今回はガラッとデザインを変えるためテーマについてお話をさせていただきました。

テーマが決まったら、あとは画像や文章を入れていくだけで本格的なホームページが完成します!

ただし!有料テーマは前述の通り結構ハードルが高いです。

なので最初は無料テーマで作って慣れてきてから有料テーマに挑戦してみるのもいいでしょう。

中身のhtmlやcss、phpを触れるようになれれば無料テーマでも十分魅力的なHPを作成することが可能です。

ただ、HPを作ってもそれで終わりではありません。

HPはなんのために作るのかというと、ほとんどの人がHPに自社の商品やサービスの情報を出して、購入してもらったりお問い合わせがきて欲しくて作るはずです。

そこで次回は、「お問い合わせに繋がりやすいHP構成とは」というテーマでお話していこうと思います!それでは次回もお楽しみに〜

 

LuxyではHP作成の本格的なノウハウも学べます!

https://luxy-inc.info/

↑こちらまで!